トップページ          お問い合わせ                    
 
  

 発達サポート 

 
 
 
 
 

 

 
 
 

 
概要

 
発達サポート分野では、発達障がいに関連するサポートとして、様々な専門家の紹介/育成をおこなっています。基本姿勢は、発達障がいを「個性」 と捉える。多様な個性をしっかりと活かしていくこと、そしてご家庭の不安がスッと和らいでいくことを目指し、最適な専門家につないでいくサポートを実施しています。

 
 

 
 

専門家紹介

 
 
発達障がいに関連する相談内容に応じて、最適な専門家を紹介。
 
 
 
紹介専門家の例
 
臨床心理士/臨床発達心理士/認知行動療法士
 
学校心理士/検査士/療育のプロ など
 
ASD、AD/HD、LDに関連する専門家 
 
 
相談事例
 
① 子どもの言動が心配
▶︎ 紹介専門家にご相談することで最適な対応方針を知ることができます。
 
② 発達障がいに該当するか相談したい
▶︎ 専門家による相談/検査により総合的な視点から、お子様の状況を把握することができます。
 
③ 療育がうまく進んでいない
▶︎ 現在の療法の妥当性(お子様の状況に対する最適性判断)を見直すことで、さらに一歩進んだ対応の可能性を知ることができます。ABA療法やSST療法の専門家による対応が可能です。
 
④ 検査待ちである/誰にも知られずに検査をしたい
▶︎ 状況をお聞きしたうえで新版K式、WISCⅣ、田中ビネーなどの検査を受けることが可能です。
 
⑤ 個人的に療育をしてくれる専門家が知りたい
▶︎ 元大学の教授などによる療育も可能です。
 
 
 

 
 
 

専門家の育成

 
 
早稲田大学の名誉教授による研修・講習で
発達障がのお子さんをサポート/療育に
携わる専門家を育成。
 
 
コースの分類
 
一般講習 / アドバンス講習 / 専門家コース
 
① 自閉症児の母親ですが、子どもの世界を理解したいので、研修会に参加したい。
▶︎ 一般講習を受講することができます。
 
② 保育士でディケアにて仕事をしていますが、講習を受講したい。
▶︎ アドバンス講習から学ぶことができます。
 
③ 臨床心理士をしていましたが、現在は子育てのために現場を離れています。
スキルアップのため、専門家コースを受講したい。
▶︎ 基礎と経験がある方は専門家コースで学ぶことができます。
 
 

 
 

 お知らせ 

 
 

  

 
 
法人について                

 
 
その他の事業部
 
 
成長促進部